看護Job

看護師に!看護学生に!役立つ情報満載

日勤病棟の場合

昼

看護師の日勤常勤の年収

日勤常勤の看護師は、夜勤が無いのでライフスタイルや生活リズムが整えやすいと人気です。
夜勤と日勤をこなすのはとてもハードです。

夜勤シフトで育児ができず、看護師自体辞めてしまう方も少なくはありません。

看護師として働くことができて、さらに健康的な生活が送れると考えると日勤病棟は勤めやすいでしょう。
でも気になるのは年収です。

収入の多寡を考えると迷うという方も多く、夜勤手当はやはり魅力を感じるでしょう。
日勤常勤の場合はどのくらい収入に差ができるのでしょうか。

日勤病棟の看護師の年収は、平均して320万円から360万円程度と標準的な額です。
看護師全体の平均年収は470万円程度ですから、夜勤のある看護師さんとは年収が100万円以上違います。

やはり、日勤のみでは夜勤手当がつかないため、年収が低くなります。
夜勤手当の平均額を1万円と仮定すると、夜勤が月に5回あれば5万円から7万円以上になるわけです。

月に夜勤の日が7回以上あると、月々の収入も10万円以上違う可能性があります。
夜勤なし、日勤のみでは年収に差が出るのは仕方がないことなのです。

年収以上に魅力に感じるメリット

日勤の看護師の仕事は、年収が下がってしまってもそれ以上に魅力的なメリットがあるという方も多いのです。
まず、夜勤がないのでスケジュールが管理しやすく、体調管理をしやすいということ。

プライベートの時間が多いので、充実した生活が送れることなどがあります。

特に、2交代、3交代でも夜勤シフトで体調を崩される方が多いので、年収は減っても良いから夜勤なしが良いという看護師が多いのです。

看護師の働き方を見ると、日勤のみの求人は働き先が限定されてしまいます。
でも日勤病棟が必ずしも年収が低いわけではありませんし、求人数が少ないわけでもありません。

日勤でも年収が高い求人と言えば、入院施設がない美容クリニックや美容外科など。
保健室や企業内の医務室なども日勤がありません。

最近ではデイサービスや訪問介護などでも日勤勤務の看護師への需要が高まっています。
日勤で自分の希望に合う職場を探したいという方は、日勤病棟で年収が高く設定されている求人を探してみましょう。

About

View all posts by