看護Job

看護師に!看護学生に!役立つ情報満載

正看護師と准看護師の違い

  • Home
  • Q&A
  • 正看護師と准看護師の違い
試験会場

正看護師と准看護師は資格が違う

正看護師の資格は国家資格です。
対照的に准看護師の資格は公的資格となっています。

一番大きな違いともいえますが、正看護師の免許は看護師国家試験をクリアした人だけがもらえる資格です。
正看護師として登録され、国家資格ですからもちろん待遇も良い資格です。

一方准看護師の資格は、都道府県で行われる知事試験です。
技術をメインに学ぶため、基礎的なことを学ぶ期間は少なく、正看護師とは大きく異なります。

資格が違うだけで、年収もかなり違いますし正看護師の資格を持っていなければ応募することができない求人も多々あります。

准看護師は正看護師をサポートする役割として、国家資格よりもちょっと簡単な試験をクリアするだけで取得できるのです。

仕事内容も大きく異なる

准看護師でも正看護師でもどちらもナースです。
実は准看護師にできず、正看護師のみにできる業務はありません。

准看護師でも「やれ」と言われたら、誰でもこなすことができるほど、知識と技術を身につけなければいけないお仕事です。

でも、准看護師は主体的な看護業務を行うことができません。
正看護師は、医師の指示に従いその医療行為の補助を行う仕事です。

准看護師はさらにその下について補助をする役割ですから、准看護師の側から正看護師に対して指導や指示をすることはできないのです。

認定看護師を目指すにも、正看護師の資格が必要です。
スキルアップができない看護師といえば、准看護師になってしまうのです。

准看護師にもメリットがある

では、看護師を目指すなら正看護師の方が良いのではないかと考える方が多いでしょう。
高齢化社会が進み今や医療施設は年々増加していますが、医師や看護師の働く人数はいまだに減少傾向にあります。

そこで、正看護師に比べるとコストが少なく取得することができる准看護師は、メリットがあるといえます。
正看護師の資格をとるには3年から4年必要なところ、准看護師は2年で取得することができます。

早い段階で現場に出ることができる、これは大きなメリットです。
早く看護師として働きたいという方には、准看護師の資格がおすすめです。

年収が違う

京都府やある特定の地域では、正看護師も准看護師も、年収平均がほぼ同じです。
ですが、地域によっては年収が100万円以上違うところもあります。

看護師の平均年収は470万円程度と一般職よりも高めです。
OLの倍以上給料をもらっている方もいます。

准看護師は、OLと同じくらいの給料しか望むことができません。
そう考えると、お金と時間をかけて取得するなら、リターンの多い正看護師の方が良いといえます。

About

View all posts by