看護Job

看護師に!看護学生に!役立つ情報満載

離職率が高い理由

結婚

看護師不足の原因

2011年から2015年の5年間で、最大5万人の看護師が不足していると言われています。
現在働いている看護師は140万人ですが、資格を持っていながらも働いていない看護師は60万人います。

どうして医療業界では、看護師不足が続いているのでしょうか。
日本看護協会が全国の病院で行った調査によると、常勤看護師の離職率は、11パーセント程度という結果に。

新卒看護師の離職率はなんと、8パーセントを超えています。
看護師は女性が多い職場ですから、結婚や出産による離職も高いといえます。

看護師は、他の業種とは違い夜勤があります。
夜勤で不規則な生活になってしまうのも看護師不足の原因です。

さらに、医師不足、看護師不足から在職している看護師への長時間労働という負担ものしかかっています。

どこが一番不足しているのか

実は、全国的に見ても政令指定都市や東京23区での看護師不足が深刻だというデータがあります。
地方よりも、政令指定都市や東京のほうが求人の待遇が良いものの、離職される方も多いのが現状です。

反面、短時間雇用や新卒看護師の教育制度が整っている病院は、離職率も低い傾向になっています。
そこで、国は様々な支援事業を行ってきました。

看護師の離職率はまだ高い傾向にあります。
看護師の離職を防ぐには、結婚・出産後でも働けるような環境を作ったり、ブランクのある方でも復職しやすい求人を多く設けること。

さらに、夜勤や長時間労働の見直しなどが必要です。
今後の看護師不足はどう対処するのか、国一体の大きな課題です。

転職される理由

看護師として転職されるのはとても良いことです。
離職して違う分野で働くよりも、せっかく取得した国家資格を活かした方が良いに決まっています。
そこで、転職される理由はどんなものなのかを考えました。

まず一番の理由は、給料アップです。
給料が上がればそれだけやりがいややる気も増えますし、転職後に長く仕事を続けられる可能性があります。

次に人間関係です。
人間関係が悪い場合、離職される可能性が高いといえます。

人間関係は第三者が関与してもどうしようもないことですから、相性が良い方と働く場所を見つけるほか対処法はありません。

離職してしまい、復帰のチャンスを逃すよりはとても良い方法だといえます。
人間関係再構築のための転職は、素晴らしいことです。

次にスキルアップやキャリアアップ。
看護師の中にも認定看護師や専門看護師などの認定資格が登場してきました。
さらなる飛躍を目指してスキルアップ転職されるのはとても良いことです。

他にも、地元に帰りたいから、勤務時間が合わないから、都心へ行きたかったからなど。
様々な理由がありますが、看護師の転職はどれもメリットでしかありません。

転職をしても、履歴書に傷がつくわけではありません。

今の職場に不満がある方や、ちょっと働く環境を変えたいという方。
看護師の資格を活かして転職されてみてはいかがでしょうか。

About

View all posts by