看護Job

看護師に!看護学生に!役立つ情報満載

ブランクがあっても大丈夫?

  • Home
  • Q&A
  • ブランクがあっても大丈夫?
メモ

看護師として復職したい

看護師の仕事はとてもハードです。
夜勤があると、生活リズムも狂います。

そのため、なかには体調を崩してしまい仕事が続けられなくなる場合もあります。
結婚や出産を期に、仕事を一度辞めるという方も多いでしょう。

育児が落ち着いたり、体調が回復したりして、復職したいと思う方も多いはずです。
ですが、そこで気になるのは「ブランク」です。

一度離れた現場に戻るのは、とても不安があります。
自分が働いていたときの知識は、もう古いかもしれない、新しい医療機関では自分が知らないことばかりかもしれない。
そんな不安があっても、大丈夫なのか?

看護師としてブランクがある方の採用を積極的に行っている求人はたくさんあります。
そういった求人は、どうしてブランクがある看護師さんでも受け入れてくれるのでしょうか。

ブランクがある看護師への求人

最近では、ブランクがある看護師のために入職したときに心肺蘇生や採血、医療器具の使い方の研修などを行っている医療機関がたくさんあります。

ブランクがある看護師さんが働くことへの不安より、看護師不足が嘆かれている現状のほうが医療機関にとっては痛手なのです。

基本的な知識や技術は入職時に研修があり、そこでじっくり教えてもらえる場合がほとんどですので、久しぶりの復帰でも安心です。

そういった医療機関は、看護師不足を打破しようと研修制度や勉強会などを充実させているのです。

最近では高齢化社会が進み、医療機関の他にも介護施設などが増えてきました。
ブランクが気になる方は、医療行為を行う機会が少ない介護施設に復職するという方法もあります。

基本的に切迫した医療行為が必要となる利用者がいないため、のんびりとしています。
ブランクのある看護師さんでも、受け入れてくれるところばかりです。

ブランクのある看護師の心構え

ブランクがあるからと言って、引け目に感じる必要はありません。

復職しやすい求人を選ぶことも大切ですが、ブランクがあることを引け目に感じる前に、新人時代に戻った時のようにフレッシュな気持ちを持ち、復職しましょう。

学ぶという姿勢や、謙虚な心構えです。
ブランク前には最先端医療に携わっていたとしても、知識が古くなっているかもしれないと念頭に置いてください。

最初は大変ですが一から学ぶ姿勢を持っていれば簡単です。

ブランクがある方はみな、復職に対して少なからず不安を抱えています。
不安の正体を見つめ直し、それが解消できるような働き方を考えて職場を選びましょう。

心構えをしっかり持って挑めばすぐに馴染めるはずです。

About

View all posts by