看護Job

看護師に!看護学生に!役立つ情報満載

看護職のやりがい

採血

看護師の魅力

看護師の仕事の魅力は2つあります。
まず、人間的に成長でき、人や社会へ貢献していると実感できる仕事だということです。

命を預かるお仕事ですから、常に責任が大きく、緊張やプレッシャーがのしかかっています。
自分が行っている看護が患者さんに良い結果につながったとき、やりがいを感じる看護師は多いでしょう。

なによりも、自分が人間的に成長したと実感し、社会や人への貢献を実感できたときにやりがいを見出せます。
看護師の仕事の最大の魅力だといっても過言ではありません。

また、看護師の魅力は、データとしても出ています。
一般職との満足度を比較すると、その差は歴然です。

看護師さんは不満はあるが、やりがいを感じるという方が7割近くいらっしゃいます。
一般職の方は、やややりがいを感じているという方が53%程度しかいないのです。

やりがいもなければ不満もない、そんな仕事よりも、不満はあるけどやりがいがある仕事の方が楽しさも多いですよね。
看護師は、実際に働かれている方も多くの方が魅力を感じているのです。

看護師が大切にしていること

大切にしていることや大切に思う気持ちがあれば、人はやりがいを充分に感じることができます。
看護師は、患者さんやそのご家族に対して大切な思いを抱えているからこそやりがいを感じるのです。

日本で働く看護師は、ほかのあらゆる職種のなかでも一番使命感が強い集団だと、一冊の本で語られています。
日本の看護は世界一だともおっしゃっています。

それだけ、看護師は強い使命感を持ち、人々を助けているのです。
だからこそ看護師に憧れ、将来は看護師さんになりたいと目指す学生も多いのでしょう。

看護師は患者さんがいてはじめて成長することができます。
患者さんを励まし、励まされながら一人前の看護師になれるのです。

たとえば、採血で失敗したときに痛いと怒鳴る患者さんもいれば、次は成功させてね、と笑顔で言ってくれる患者さんもいます。

叱られることも良いことで、励まされることも良いことです。
どちらも経験してこそ、一人前の看護師になっていくのです。

看護師のやりがいを見失ったとき

やりがいを感じなくなってしまうと、どうして看護師として働いているのかわからなくなってしまいます。
そこで、考えてほしいことが4つあります。

まず、なぜ自分は看護師にあこがれたのか、目指したきっかけを思い出してください。
最高の看護師とはどういったものなのか?
看護師になりたいと思ったきっかけや、理想の看護師についてイメージしましょう。

そして、不満や壁があるのなら、環境を変えることはできないかを考えましょう。
一度離職する、転職するというのも良い判断です。

環境を変えると、看護師としてのやりがいをもう一度見出すことができるかもしれません。

必ず自分を大切にしてください。
体調や見た目、自分の生活などを投げ出してまで看護師という仕事に没頭すると、ライフスタイルが崩れてしまいます。
何のために働いているのか考えたときに、「自分のために働いているのだ」と断言できなければいけません。

About

View all posts by